muramatsufarm

             営業状況ご案内ダイヤル24   0263−69−2722

 このサイトでご案内するぶどうは、信州の生坂(いくさか)村で生産した美味しい巨峰です。ここ生坂村は緑と人情味に溢れ、昔のよき日本の情景を色濃く残した山間の村です。
 当園が自信を持ってお届けするぶどうをぜひご賞味ください。ご進物など、ご用命を心からお待ちしております。


【最新情報】

◎お待たせいたしました!H29年度の営業予定をご案内いたします。  (07/22)
  本年は、今のところは概ね順調に生育しております。
  例年通りの日程でぶどうをお届けできる見込みとなっております。
  尚、一部商品メニューに変更がございます。詳細はご案内状をご覧くださいませ。


 【温室ぶどう】 ナガノパープル、シャインマスカット
        *本年はアキクイーンは直売所のみの販売となります。予約販売は
         お受けできません。申し訳ございません。 

   予約開始   8月上旬  (ご案内状は7月末日頃郵送予定です)

   発送      8月中旬〜8月下旬

   直売所営業  8月中旬〜8月下旬

 【露地ぶどう】 ナガノパープル、巨峰、アキクイーン
     
   予約開始   9月上旬 (ご案内状は8月下旬頃郵送予定です)

   発送      9月上旬〜10月上旬

   直売所営業  9月上旬〜10月上旬


       
          



美味しさの5つの理由
ぶどう栽培に最適な気候   信州生坂村は標高約600mに位置し、昼夜の温度差が非常に大きく、果物栽培における糖度の乗りや色つきにとって好条件となっています。 また年間降水量も1000mm程度と少なくぶどう栽培には最適な気候です。
 生坂村で生産されたぶどうは、厳しい検査の後「山清路巨峰」というブランド名で東京、大阪、名古屋の各市場で高い評価を受けています。
小ぶりな房と少ない着房数  市場では、500〜700gの大きい房が高い値をつけていますが、当園の巨峰は、房全体を均一で美味しくさせるために、350g〜400g前後の房を目標に生産しています。
 また10aあたりの着房数においても、当園では味を重視し、約3000房と少なく制限しております。
有核巨峰へのこだわり  ぶどうの王様「巨峰」の特徴であるその美味しさを一番引き出せるのは種有り栽培と考えています。種無し処理を施すことで安定生産や、食べやすさが向上しますが、味は種有り巨峰に及ばないといわれております。当園では、「巨峰は有核」こだわり生産を続けてまいります。
朝取りで超新鮮  スーパーなどで一般的に流通しているぶどうは収穫後、早くても3〜4日、中には一週間程度かかって食卓に載るものもあると言われています。
 当園の巨峰は収穫したその日に発送いたしますので、通常翌日には召し上がっていただくことが出来るため、鮮度が違います。
農家直送  農家直送は、作り手の顔を見て買っていただく流通形態です。大規模な宣伝活動ができない代わりに、お客様に信頼していただくことが大前提となるため、必然的に厳選した商品をお届けすることになります。


農園の紹介

enshu   
hisako   
畑の紹介 第二巨峰園
(45a)
・雨よけハウス
・巨峰、アキクイーン
第三巨峰園
(35a)
・露地、平坦地
・巨峰、アキクイーン、紅伊豆、ナイヤガラ
・お客様が入りやすいよう棚を高くしたぶどう狩り園
第一加温ハウス
(10a)
・加温設備、自動潅水設備を持った 加温ハウス
・期待の新品種ナガノパープル
第二加温ハウス
(15a)
・平成21年建築の加温ハウス
・ナガノパープル、アキクイーン、シャ インマスカットを定植
作り手
の紹介
村松由規 54才
村松久子(妻)
 
エコファーマー認定 平成15年9月10日

アイコン
商品のご案内
アイコン
ご注文・お支払い方法
アイコン
連絡先

メール アイコン
メール